ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス

画像

 私が初めてスターダスト☆レビューのライブを体験したのは1984年1月、パイオニアのチャリティ・コンサートでした。スタ☆レビの存在については、要さんがパーソナリティをしていたMBSヤングタウンを聞いていたので「シュガーはお年頃」を知っている程度でしたが、入場無料ということで、軽い気持ちで整理券を入手したのです。当時、大学受験を控えていた私は、共通一次試験を終え、ちょっとした息抜きのつもりだったのですが、スタ☆レビのライブを体験したことで人生は大きく変わりました。
 県民会館の大ホールは1階席に数えるほどしか観客がおらず、ステージ上では要さんが例の如く、そのことまでもネタにしてMCをしていました。ファンといえるような人は一握りだったと思うのですが、演奏を聴いていくうちに少しずつ会場の雰囲気が変わり始め、後半の「ブラックペッパーのたっぷりきいた私の作ったオニオンスライス」は総立ちの大合唱!それまで松田聖子くらいしかコンサート体験のなかった私には「これがライブだ!」と目から鱗が落ちた思いでした。
 結局、すっかりスタ☆レビの虜となった私はその場でセカンドアルバム「今宵はモダン・ボーイ」を買い、メンバー全員に書いてもらったサイン色紙を大事に抱えて家路に着きました。サインをもらう際に要さんに「ヤンタン聴いてます」というと、「こんなところでも聴けるんだ」と驚いたように他のメンバーと言葉を交わしていたことをはっきりと覚えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック