骨太の韓国映画 美しき野獣

美しき野獣
画像

 この邦題の付け方も韓流ブームの悪い部分なのではないか。韓流ブームで売るためにはやむを得ないが、タイトルだけを見ると作品の骨太の良さが伝わらない。作品は美しいどころか、「オールド・ボーイ」や「殺人の追憶」に勝るとも劣らない迫力のある作品である。アイドル的にクォン・サンウを持ち上げるとすれば「美しき」でいいのかもしれないが、私の場合はタイトルのせいでこの作品に出会うのが遅れてしまった。
 私が惹かれたのはクォン・サンウよりもユ・ジテの渋さ。何とも微妙な「いい男」なのだが、非常に魅力的。四天王もいいかもしれないが、このユ・ジテもそうだし、ソン・ガンホやハン・ソッキュ、アン・ソンギなどの演技派にももっとスポットを当てて欲しい気もする。もっとも、日本でこういうことを言わなくても韓国ではしっかりと評価され、確固たる地位を築いているのだろうが。
 この作品はディレクターズカット本編で鑑賞した。ラストは意外だったが、長さを感じることなく、最後までぐいぐいと引き込まれたまま一気に見終わった。日本映画の場合はキャストである程度、展開が読めることも多いが、韓国映画のキャスティングには不案内なので「次はどうなるのだろう」と常にドキドキはらはらしながら見られるところがよかった。ストーリーに大きく女性が関わってこないのも珍しいが、甘くならずにいい。
美しき野獣
美しき野獣 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック