感性の枯渇!? 人のセックスを笑うな

人のセックスを笑うな
画像

 まさに「いまが旬」という俳優が揃った。もっとも、松山ケンイチはいろいろ出ているなあ、と感心はするのだが、「L」の役を除くと、それほど印象に残っている役柄や作品はない。確実に見ている作品を挙げると、「完全なる飼育 秘密の地下室」、「男たちの大和/YAMATO」、「デスノート / デスノート the Last name」、「蒼き狼 ~地果て海尽きるまで~」、「椿三十郎」など、このブログで取り上げた作品も多いのだが、松山ケンイチのことに触れなかったということは、私にとっては興味・関心の対象ではなかったということ。
 この作品でも、永作博美と蒼井優に目が行くのは男性として当然ということになるだろう。2人とも持ち味をしっかり出し、印象に残る演技をしている。もちろん、監督の手腕なのだが、松山ケンイチも含め、いかにもその辺にありそうな、自然なやりとりになっているところがいい。
 しかし、字幕で洋画を見ることに慣れてしまったせいか、邦画は決まって台詞が聞き取りづらい。まだ耳が遠くなる歳でもないのだが、映画は夜に鑑賞することが多いので、音量をあげるわけにもいかない。そこで邦画でも日本語字幕があるものは、つい字幕ONにして見てしまうのだ。残念なことに、この作品には日本語字幕がない。実際の若者たちの自然の会話ということを考えると、明瞭な言葉のやりとりはリアリティがないが、細かいニュアンスをつかみきれなかったかもしれない。これだけ技術が進歩しているのだから、台詞をもう少し聞きやすくする音声処理はできないのだろうか。
 ストーリーから外れた話題になってしまった。昔からこの手の映画は好きだったはずなのだが、この作品では「みるめ」にも、「えんちゃん」にも感情移入できない自分がいた。もしかすると自分が歳をとったせいなのだろうか。少し心配である。

人のセックスを笑うな
Happinet(SB)(D)
2008-07-25

ユーザレビュー:
自然な感じ自然な日常 ...
学生時代のビデオを見 ...
えっ!これって映画だ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック