ハッピーエンドの死 きみに読む物語

きみに読む物語 THE NOTEBOOK
画像

 爆発的にヒットしたわけではないが、密かに支持されている作品らしい。配偶者や恋人が認知症になるというパターンの映画は珍しくないが、認知症自体をテーマにするのではなく、2人の過去にスポットを当てて最後にどうやって現在に収束させていくのかという興味で作品に引きつけていく。
 主演のライアン・ゴズリングは人気のある俳優らしいが、役柄そのものは意外と地味。レイチェル・マクアダムスも作品中ではパッとしないので、かえって安心して過去の物語を追うことができるのだ。物語の展開もそれほど起伏に富んでいるわけではない。最終的に2人が結ばれても、結ばれなくても、どちらでもいい。
 しかし、ラストは泣ける。ネタバレになるので詳しくは書けないが、「死」をもってハッピーエンドになる物語というのは珍しいのではないか。賛否両論ありそうだが、私はこの結末にはホッっとさせられた。
 安心して見ていられる感動作である。

きみに読む物語 スタンダード・エディション [DVD]
ハピネット
2006-10-27

ユーザレビュー:
君に読む物語愛が深す ...
最高の旅立ち本当にい ...
ラブロマンスというよ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック