所蔵パンフレットから⑦ 恋する惑星

恋する惑星 CHUNGKING EXPRESS 重慶森林(1994年 ウォン・カーウァイ監督)
画像

 いまにして思えば、少し背伸びをして「わかったふり」をして見ていたのかもしれない。ストーリーはドラマチックでもなかったので、見終わったあとも「なんとなくよかったなあ」という程度の感想だったように思う。どちらかというと、世間の評判に流され、その気になってしまったのが実際のところだったのもしれない。
 それでも、スタイリッシュな映像やBGMの「夢のカリフォルニア」、キュートなフェイ・ウォンに謎めいたブリジット・リン、甘っちょろいお兄ちゃんの金城武は妙に印象に残っている。この映画を見たあとにフェイ・ウォンのCDをHMVで購入し、LDも発売されるとすぐに購入した。そして、そのあとLDで何度か繰り返して見たせいか、映画館で見たときの記憶がすっかり抜け落ち、パンフレットはあるのに地元で見たのか、東京で見たのか全く憶えていないのだ。95年だから確実に東京は引き払って仕事に就いているのだが、わざわざ休日に地元の映画館に足を運んだのだろうか。
 金城武はこの時点でかなり持ち上げられていた感があるが、日本語もたどたどしく、演技力もいまいちだったと記憶している。また、「北京ブルース」や「東方不敗」でファンになっていたブリジット・リンも、サングラス姿が多くて残念だった。フェイ・ウォンはそのあと2001年に「ウソコイ」で中井貴一と共演しているのだが、ドラマは悪くなかったものの、アジアのポップスターも日本では扱いが小さくて悲しかった。そういえば、「レッドクリフ」でがっぷり四つに組む金城武とトニー・レオンはこのときに共演を果たしていたわけだ。
画像

 ここ数年、NHK-BSで放映されたときなどは見た記憶もあるが、LDもプレーヤーを処分してしまったので見ることができない。見直したいのに見直すことができない状態が続いている。何しろこれだけ評価が高い作品にもかかわらず、廉価版のDVDが発売されていないのだ。デジタル・リマスター版は品切れ状態。ブルーレイで発売されるのを待つ方が得策かもしれない。レコーダーもプレーヤーもまだ持っていないのだが。

恋する惑星 [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-06-23

ユーザレビュー:
「夢のカリフォルニア ...
ブリジット・リンこの ...
き、綺麗!(◎o◎ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック