西暦208年の爆破・炎上シーン レッドクリフ PartⅡ

レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦- RED CLIFF Ⅱ 赤壁(下)
画像

 「レッドクリフ PartⅠ」という、よくできた予告編を見せられれば「レッドクリフ PratⅡ」を見ないわけにはいかない。ツインパックが出ることは容易に予想がついたが、ション・ウーのファンであり、中国映画のファンとしては待っていられず、贅沢にも1作ずつ購入してしまった。
 中国では、漢王室をないがしろにしたことで不人気だとも、また反対に十人中八人が「三国志」の中で一番好きな人物に挙げるとも言われる曹操だが、この作品は前者の立場で作られたものらしい。日本では横山光輝版「三国志」の影響も大きいのか、劉備に人気があるようだが、その意味ではきわめて日本向きの作品かもしれない。もっとも、PartⅡでは終盤まで裏切り者呼ばわりされ、関羽や張飛とともに出番も少ない。とはいえ、それぞれにお気に入りの英雄たちを持つ「三国志」読者にとっては、嬉しい作品に違いない。周瑜と孔明が中心とはいえ、それ以外の登場人物たちにも、バランスよく活躍の場が与えられている(中村獅童は予想通りの最期を遂げたが)。
 また、ビッキー・チャオやリン・チーリンらの女性陣もお飾りではなく、しっかりした見せ場が用意されている。さすがはジョン・ウー、キャストを活かして見事にエンターテイメントに仕上げているのだ。もちろん、白い鳩もちゃんと飛んでいる!
 さらに、西暦208年の時代劇を、現代に通用するアクション映画にしているのは大迫力の爆破・炎上シーン。さすがにストップモーションの二丁拳銃アクションこそ使えないものの、火器を使わず説得力のある火攻めを再現した。PartⅠで見られた関羽や張飛、趙雲たちのワイヤーアクションが見られなかったのは少し残念。赤壁の戦いでは一騎打ちの場面は作りづらかったか。
 前後編合わせて5時間近い大作だが、回りくどい展開ではないので飽きることはない。見方を変えれば、あまりにも連合軍側に都合のいい展開なのだが。

レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- スタンダード・エディション [DVD]
エイベックス・マーケティング
2009-08-05

ユーザレビュー:
大火災魏軍が火攻めを ...
すごい!どっぷりハマ ...
東洋のノルマンディー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック