所蔵パンフレットから⑧ バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー BACK TO THE FUTURE (1985年 ロバート・ゼメキス監督)
画像
 
 後にも先にも映画館へ行ってお金を払って3度も見たのはこの作品だけ(試写会で見て気に入り、再びお金を払って見たとか、ガールフレンドとホラー映画を見るときに予習のために前もって見に行ったとかいうことは何度かあるが)。それだけインパクトがあり、見るたびに新しい発見がある、見事に計算された作品である。
 脚本はもちろんのこと、それを活かす役者、演出、特殊効果、音楽と、何拍子も揃った希有の作品。スティーブン・スピルバーグがらみの作品の中では傑作の中に埋もれてしまった感があるが、映画の可能性を極限まで追求した作品と言えるような気がする。批評家の評価はともかく、当時、十代後半から二十代前半だった若者の心に強烈な印象を残しているはずだ。
画像

 マイケル・J・フォックスは、この作品以降、日本でもアイドル的な人気を持つようになるが、マーティのイメージを払拭する前にパーキンソン病で第一線を退かざるを得なくなる。決してハンサムでもなく、身長も160㎝そこそこなのだが、それ故に私にとっては憧れの存在でもあった。また、ヒロインというには微妙な役柄のリー・トンプソンも、そのキュートさにファンとなった。彼女も「美人」というより「かわいい」というタイプなのだが、日本人が好みそうなタイプなのかもしれない。
 また、忘れてならないのは「ジョニー・B.グッド」と並んで耳から離れない「パワー・オブ・ラブ」と「バック・イン・タイム」の2曲である。MTVブームの当時、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースはとってもカッコよかった。アルバム「Sports」はすり切れるほど(既にCDではあったが)聴いたし、つい最近もベスト盤の「Greatest Hits」を買ってしまった。
 もちろん、いまの若者たちにも、このように青春の1ページに刻まれる作品はあるのだろうが、これだけ映像があふれる時代になると、印象に残り方もまた違ったものになるのだろう。

バック・トゥ・ザ・フューチャー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-07-08

ユーザレビュー:
今までの掟を破ったタ ...
やはり、名作ですね8 ...
早い対応でよかったで ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック