文庫化が待ちきれない 『玻璃の天』

『玻璃の天』 北村 薫
画像

 〈ベッキーさん〉シリーズの第2弾。『鷺と雪』が直木賞を受賞してからこのシリーズを読み始めたので、何をいまさらという感もあるが、『街の灯』を上回る面白さにあっという間に読み終えてしまった。収録されているのが、わずか三篇とは恨めしい。
 花村英子と別宮みつ子の名コンビは、キャラクターも役割分担も確立され、安定感が増した。英子の語りが滑らかになったことで、前作で感じた微妙な違和感も少なくなり、グイグイ物語の中に引き込まれる。また、事件そのものも時代状況を反映して本格的になってきたが、それでいて重苦しくなり過ぎない。
 秘密の一端が明らかになったベッキーさんだが、『鷺と雪』ではどのような結末を迎えるのだろう。

玻璃の天 (文春文庫)
文藝春秋
北村 薫

ユーザレビュー:
たしなみベッキーさん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック