原作読まずに正解? 天使と悪魔

天使と悪魔 ANGELS & DEMONS ☆
画像

 「ダ・ヴィンチ・コード」はダン・ブラウンの原作を読んでから映画を見て、原作の情報量を2時間前後に詰め込んだにしては、まずまずの出来という感想。原作を読まずに映画を見た人がどれだけ謎解きの面白さを理解できたかという点と、イメージしていたラングトン教授とトム・ハンクスのイメージが重ならなかった点は不満も残った。
 映画としてはシリーズ2作目のこの「天使と悪魔」は、原作を読まずに映画を見たが、「ダ・ヴィンチ・コード」に比べると、タイムリミットが設定されたことと、誘拐された枢機卿の居場所を次々に探していくという単純な謎解きの展開になったことで、非常に分かりやすくなっていた。トム・ハンクスも老けメイクをしているのか、実際に老けたのか、少し痩せて渋さも出て悪くない。「ダ・ヴィンチ・コード」でも同じだったが、観光名所めぐりで謎を解いていくパターンはヴァチカンという舞台には特にぴったり。日本でいえば浅見光彦シリーズのようなものか。
 ヒロインのアイェレット・ゾラーは、これまでノーチェックだったが、イメージがついてしまった大物女優でなくて正解だったかもしれない。ラングトンとヴィットリアとの間にロマンスが生まれなかったことも好感が持てる。
 難点を挙げればユアン・マクレガーがいかにも胡散臭く感じられることと、4人目の枢機卿を間一髪で救い、反物質を発見したあとがやや冗長に感じられることか。
 取り立てて何が売りというわけではないが、サスペンス映画としては及第点ではないだろうか。

作品データ
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー他 製作年:2008年 製作国:アメリカ

  
天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-10-28

ユーザレビュー:
原作未読のライト層の ...
面白く感じたのは終盤 ...
原作を読んでなかった ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック