かたはらいたし 背徳の森

背徳の森
画像

 こういうノーマークの作品に拾い物があることも多い。アマゾンなどで作品紹介を見た記憶はあるものの、買う勇気は出ないまま現在に至っている。タイ映画ならどんなに危険でも自腹を切って買うのだが、邦画の場合は外したときに自分を慰める言葉が見つからない。ところが、今回、幸いにも友人から借りて見ることができた。
 ワクワクしながら鑑賞したが、残念ながら私にとってはどこといって取り上げるべきところのない作品だった。シチュエーションとキャストがどうにも魅力的に感じられないのだ。「背徳」といっても、妻が義父と通じるくらいではいまどき興奮する者などいない。さらにタイトルの揚げ足をとれば、物語の展開からいって「森」ではなく、「滝」である。
 個人の嗜好の問題かもしれないが、裸やSEXシーンだけあればいいというものではない。いくつかの条件さえそろえば、露出が少なく、短いSEXシーンであってもAV以上に官能的であるはず。妻にしろ、義父にしろ、最初から「正常」な状態ではないので、異常な行為に走る興奮を感じることができなかった。後ろめたさがあってこその「背徳」ではないだろうか。
 唯一、評価できるのは62分という上映時間か。

作品データ
監督:田口裕司 出演:仏本あけび、松永大司他 製作年:2006年 製作国:日本


背徳の森 [DVD]
インターフィルム
2007-12-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック