韓国映画のインパクト 母なる証明

母なる証明 mother
画像

 感情も露わに、たとえそれが激しい暴力行為に結びついたとしても、覆い隠したり、美化することなく、ひたすら人間の心の中にあるものを描こうとするのが韓国映画の魅力である。
 人間同士は、愛し合うにしても憎み合うにしても、感情によってつながっているということがこの作品を通して描かれる。この「母なる証明」は、サスペンスというよりもホームドラマなのかもしれない。
 息子を思う母の気持ちがどれほど強いか、どれほど激しいかを、ほぼ母親の視点だけから描いており、キム・ヘジャの迫力はときに鬱陶しいほど。「韓国のお母さん」とも称される国民的女優の彼女であるが、この作品ではひたすら「母の顔」しか見せていないように思う。
 息子の嫌疑は晴らせるのか、真犯人は誰なのか、と見ている我々も母親と一緒にに走り回るのだが、いかにも韓国映画といった意外な(?)結末を迎える。日本映画と違って後味の悪さなどは問題にしないからこそ、作り事であっても強いインパクトを与えるのであろう。

作品データ
監督:ポン・ジュノ 出演:キム・ヘジャ、ウォンビン他 製作年:2009年 製作国:韓国


母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D)
2010-04-23

ユーザレビュー:
ほぼ完璧 ハリウッド ...
母ならばきっと・・・ ...
怖い!最初と最後が踊 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック