阿久悠という土俵での真剣勝負 歌鬼3

歌鬼3 ~阿久悠×青春のハーモニー~
画像

 スタ・レビ、ゴスペラーズ、RAG FAIR、INSPi などアカペラに定評があるベテランから若手まで8組のアーティストが阿久悠の名曲をカバーしたトリビュート・アルバム。

 スタ・レビが「また逢う日まで」でオープニングを飾り、さらに後半でも「白いサンゴ礁」を聴くことができるのは、ファンとして望外の喜び。しかもスタ・レビのサポートメンバー(ファンはとっくに正式メンバーと認識しているが)の添田啓二氏が前者の、岡崎昌幸氏が後者のアカペラのアレンジを担当。現在のスタ・レビの総合力が遺憾なく発揮されていると言っていい。スタ・レビのカバー曲のレパートリーの広さを知っているファンにとっては、アカペラに限らず、日本のポップス史を振り返るうえで歌い手としてのスタ・レビが不可欠であるという認識は当然のことであるが、それが一般にも認められた気がして嬉しい。新曲、ライブDVDが発売目前のスタ・レビではあるが、必聴の1枚。

 もちろん、他のアーティストもそれぞれの個性を活かして魅力的なアカペラを聴かせている。もっとも、アカペラの特質というべきか、最初に聴いてガツン!とくるというよりは、繰り返し聴いてジワジワと味が出てくるといった方が正確かもしれない。


歌鬼3~阿久悠×青春のハーモニー~
NAYUTAWAVE RECORDS
2010-07-14
オムニバス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック