大満足の3時間半 ライブツアー太陽のめぐみ

STARDUST REVUE LIVE TOUR 太陽のめぐみ

画像


 2010年5月30日(日)に行われた昭和女子大学人見記念講堂でのライブを余すところなく、2枚組のDVDに収録。もちろん、恒例のメンバーによる副音声解説もある。

 30年近くファンを続けているので、もはや客観的な評価は無理。果たしてスタ・レビのライブがいまでも一般の音楽ファンを惹きつける魅力を持ち続けているのか判断できないのが正直なところだ。パイオニアのチャリティコンサートで初めてスタ・レビのライブに参加し、「知らない曲ばかりでもこんなに楽しませるなんてすごい!」と感動したのも四半世紀前のことになるが、いまでも万人を感動させる力のあるライブバンドだと信じたい。
 ライブツアー「太陽のめぐみ」は地方のホールの最前列で見たのだが、昭和女子大学人見記念講堂のステージは一回り大きく、舞台のセットも記憶よりもずっとカッコいい。生の迫力とは別に、計算されたカメラワークによる情報量の多さはDVDならでは。これまでのライブDVDと比べてカメラの台数が多いのか、6人のメンバーの表情がばっちり捉えられており、そのために演奏やコーラスも細部まで伝わってくる。制作スタッフにも、メンバー全員がボーカルをとり、さらに客席までも巻き込んでライブを創り上げるスタ・レビの魅力が十分に理解されているのだろう。
 構成では、帰ってきたラブリー根本の「小芝居」も嬉しく、ナースの林ボー子さんも登場。このあたりは初期のライブの楽しさを彷彿とさせる。また、楽しさという点では冒頭にも触れた副音声の爆笑解説に尽きる。半分は要さんがしゃべっているのだが、岡崎、添田両氏も加わり、ファンが感じていることや知りたい部分をたっぷりと聞かせてくれる。
 私にとっては、とても幸せな気分になれるライブDVDであった。 


STARDUST REVUE LIVE TOUR「太陽のめぐみ」 [DVD]
インペリアルレコード
2010-07-21
STARDUST REVUE

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック