2作目もあっさり味 ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー THE BOURNE SUPREMACY ☆

画像


 よい意味で2作目もあっさり味。このテのサスペンスの場合、「CIAの陰謀」などが絡むとどうしてもストーリーが入り組んでしまい、観客を置いてけぼりにすることも多いのだが、このシリーズはジェイソン・ボーンが陰謀を暴こうなどとは考えず、ただひたすら走るだけなのでわかりやすくていい。
 物語の冒頭で恋人マリーを殺されると、ボーンは陰謀の中心に向かって真っ直ぐに突き進む。お決まりのアクションや諜報テクニックも思わせぶりな見せ方をせず、テンポよく流れていく。見終わったあとに感動などは残らないが、爽快感は確実に残る。
 前作でもちょい役ながら印象に残っていたジュリア・スタイルズがシリーズをつなぐ主要人物として再登場したのは嬉しい。華のある女優とはいえないものの、今回の地味な役柄は決して悪くない。
 さて、「ボーン・アルティメイタム」が楽しみである。

作品データ
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・ディモン、フランカ・ボンテ他
製作年:2004年 製作国:アメリカ


ボーン・スプレマシー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-07-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボーン・スプレマシー 【プレミアム・ベスト・コレクション1800円】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック