タイ旅行 番外編

 日本ではそれぞれのアーティストの思惑があるのか、レコード会社やレーベルごとのベスト盤が毎年発売されるということはないが、タイにおいてはレーベルごとの年間ベスト盤が年末の風物詩といえるほど定着しているらしい。DVD・CDショップには似たようなCDがずらりと並んでいた。

GMM GRAMMY BEST OF THE YEAR 2010 ☆
画像


 まずは音楽のみならず映画やインターネットビジネスにまで進出しているタイ最大の音楽レーベルの2010年ベスト盤。行きつけのタイ料理店のマスターにリクエストされてVCDを入手した。2枚組全24曲に及ぶ人気アーティストの競演であるが、私が知っているのは1曲目の BODYSLAM くらいか。男性アーティストが多く、女性アーティストも「実力派」といった雰囲気で、ビジュアル的な楽しみはあまりないかもしれない。しかし、聞き込むにはなかなかいい曲が多い。もっともっとタイの音楽シーンを勉強しなければ。

BEST OF THE YEAR 2010 ☆
画像


 こちらは自分のために買ったRSレーベルのCD。FOUR MOD や 3.2.1 、 SWEE:Dなど kamikaze の若手の曲も収録されており、聞き覚えのあるものも多い。グラミーのベスト盤に比べるとポップな印象で、こちらの方がVCDでPVを楽しみたかったかも。

 ところで、今回はセントラル・チットロムやMBKセンターなどショッピングセンターのCD・DVDショップに立ち寄ったが、こういうところは売れ筋の作品しか置いておらず、KARAOKE(PV集)としてCDと並行して売られているVCDをあまり目にすることはなかった。もっとも、映画DVDにしてもハリウッド映画か、そのコピーが多く、楽しみにしていたタイ映画のDVDはほとんど見られない。次にバンコクを訪れるときまでに、地元の人が買いに行くようなCD・DVDショップを開拓する必要があるなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック