タイ旅行 番外編

エラワン廟(グランド・ハイアット・エラワン・バンコク)

画像


 最近は「パワースポット」という意味のよくわからない言葉が巷に氾濫しているが、仏教徒の多いタイは「パワースポット」の宝庫。日本の神社仏閣は「古刹」という言葉が表すように伝統の重みに価値を見出そうとするのか、落ち着いた佇まいをヨシとする。一方、タイの寺院はあくまでも現在進行形。決して伝統を軽んじているわけではないが、信者たちからの寄進によって改修や改築を繰り返しているので古びた感じは全くない。ワットアルンなどは例外的に地味ともいえるが、ほとんどのバンコクの寺院はきらびやかである。また、民家の庭やホテル、工場などの一角にも小さな祠がまつられており、これもまた地味とは言い難い。日本でも庭の片隅に小さなお社があったりもするが、大小にかかわらず日本のお社は心を落ち着け、厳粛な気分にさせられる。それとは対照的にバンコクの祠は希望や元気が湧いてくるような気がするのだ。

 バンコクから帰ってきて3週間、小さなネタをつないで毎日ブログを更新してきたが、そろそろネタ切れ。このあとは日常生活に戻り、映画のレビューを掲載していく(さすがに毎日は無理)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック