実話の重み マラソン

マラソン MARATHON

画像


 実在する自閉症の青年の実話をモデルにした作品。韓国では大ヒットし、各種の映画賞を受賞したとのこと。ノンフィクションであれば好き勝手に感想を述べることができるが、実話をもとにしているとなると、ストーリーや演出にケチをつけることもはばかられ、感動しなかったというわけにもいかない。もっとも、製作サイドとしても「実話」に遠慮したせいか、ドラマチックと言えるほどの盛り上がりには欠けてしまった。まさかオリンピックに出場させるわけにもいかないし、フルマラソンを完走したからとって主人公の一生が保証されるわけでもない。実は「爽やかな感動」を呼ぶ作品ではなく、あれこれ考えなければならない作品なのだ。
 この作品からもう一つ感じたのは、韓国映画における母親の存在の重み。「セブンデイズ」と同じくキム・ミスクが愛情の強すぎる母親役を演じている。「母なる証明」もそうだが、このような作品を通して描かれる韓国は、善くも悪くも日本以上に母子の結びつきが強い国なのだろう。

作品データ
監督:チョン・ユンチョル 出演:チョ・スンウ、キム・ミスク他 製作年:2005年 製作国:韓国


マラソン [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2006-01-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マラソン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック