ジョージ・A・ロメロがいてこそ バイオハザード

バイオハザード Resident Evil ☆

画像


 ゲーム機そのものを持っていないので、ゲームの「バイオハザード」についてはほとんど知識がない。映画化されると聞いても「トゥームレイダー」と同様にゲームの人気におんぶした安易な映画化くらいにしか思っていなかった。そのために4作目が公開されるに至っても全く見ようとも思わなかったのだが、今回は Blu-ray の4枚組BOXセットが発売されるというので遅ればせながら購入した。
 果たして、1作目は予想以上に面白く、それなりにヒットしたのも十分に納得できた。「トゥームレイダー」もアンジェリーナ・ジョリーのがんばりで薄っぺらな物語ながら成功を収めたが、それに勝るとも劣らずミラ・ジョヴォヴィッチががんばっており、人物設定や物語の展開にも工夫が凝らされている。様々な場面が用意され、また、物語の進行に従って登場人物の正体も少しずつ明らかになっていくなど、単なるゾンビとのドンパチものに終わっていないのだ。
 もちろん、これはオリジナルであるゲームの出来によるところが大きいのかもしれないが、ゲームを知らない私からすると、ゲーム以上にこのジャンルの起源とも言えるジョージ・A・ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」や「「ゾンビ」の存在が大きいような気がする。「28日後…」のときにも書いたことだが、ロメロが創造したゾンビを超えるリビング・デッド、アン・デッドは創造不可能なのかもしれない。

作品データ
監督:ポール・W・S・アンダーソン 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、エリック・メビウス他
製作年:2002年 製作国:イギリス、ドイツ、アメリカ


バイオハザード BD [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2008-12-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バイオハザード BD [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック