結末はどのように? ブッパー・ラートリー 3.2

ブッパー・ラートリー 3.2 Rahtree Revenge ☆

画像


 ブッパーがどうなるのかを知りたくて、そして、ブッパーを演じているチューマン・ブンヤサックに会いたくて eThaiCD.com. からタイ国内版を購入。
 ブッパーの生まれ変わりである少女プラーが男に惨殺され、一つの体に宿った2人の魂が男に復讐するためにオスカー・アパートに舞い戻ってくる。幼い頃、ブッパーに憧れていた青年ランは、10年を経てアパートで彼女と再会するが、次第に彼女の周囲に起こる怪異に巻き込まれていく。
 前編となる「ブッパー・ラートリー3.1」が撮影中に膨らみすぎて前後編に分けただけなので、登場人物に違和感はない。チューマン・ブンヤサックは相変わらず美しい。ホラーの要素とお笑いの要素のバランスもよく、後半ではベビー・キョンシーが登場するなど(懐かしすぎ!)、相変わらずサービス精神も旺盛なのだが、いかんせん前編ででストーリーの柱になる大事な要素を出し尽くしてしまった。そのため、結末がどうなるかという興味以外の牽引力に欠けた感は否めない。そして最も肝心な結末だが、ランに届けられたブッパーからの手紙には何と書いてあったのか? その切なくもの悲しい最後のメッセージは……タイ語がわからない私には全く理解できなかった。英語字幕は期待できなくても、繁体字字幕のある中国語版が発売されるのを待つべきだったのかも。
 青年ランは漫画家という設定になっており、オープニングのアメコミ風のタイトルバックがなかなか洒落ている。この辺のセンスはさすがといっていい。タイ国内ではDVDの4作セットも発売されているが、日本で発売されることはまずあり得ない。日本語版や中国語版やタイ国内版など、ごちゃごちゃに4作揃えてしまったのが少し残念。

作品データ
監督:ユタート・シパパック 出演:チューマン・ブンヤサック、マリオ・マウロー他 
製作年:2009年 製作国:タイ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック