遺恨なき忠臣蔵 最後の忠臣蔵

最後の忠臣蔵

画像


 「忠臣蔵」ではあるが、私たち日本人が大好きな忠義の家臣による仇討ちの物語ではない。四十七士が吉良邸に討ち入りをした16年後の物語であり、一種のホームドラマといえるかもしれない(なるほど監督は「北の国から」の杉田成道だった)。
 大石内蔵助の密命を受け、切腹した藩士の家族を探して生活費を渡して歩く寺坂右衛門(佐藤浩市)と、内蔵助の隠し子を育てる瀬尾孫左衛門(役所広司)が再会するところから物語が始まる。この2人が主演となれば面白くないはずはない。さらに特別出演とはいえ、大石内蔵助を演じているのは片岡仁左衛門なのだ。劇中では四十七士の討ち入りについての評価は定まっており、討ち入りを果たしたあとに密命を受けた右衛門と、討ち入り前夜に姿を消した孫左衛門に対する周囲の見方の違いや、内蔵助の娘である可音(桜庭ななみ)の孫左衛門への恋心などが物語を動かしていく。手に汗を握るような剣劇シーンはなく、忠義、友情、愛情などがバランスよくまとめられていた。印象としてはNHKの「金曜時代劇」のような感じで、チャンバラよりもドラマの比重が大きい。
 佐藤浩市と役所広司は言うに及ばず、桜庭ななみが物語が進むにつれて少しずつ存在感を増していく。しかし、私が惹かれたのは孫左衛門と可音を支える女性ゆうを演じた安田成美。ゆうは島原の太夫だったという設定なのだが、孫左衛門への秘めた思いを巧みに表現していた。思わず「あのナウシカの安田成美が!」と唸ってしまったほどの名演技。「江」で華々しく(?)復活した鈴木保奈美と比べると演技力の差は明らかである(とんねるずの妻という理由で比較したわけではなく、単に同じようなキャリアを持つ同年齢の女優としての比較だが)。
 結局、悪人が登場しないのでストレスはたまらないが、その代わりにカタルシスもないという作品。結末が結末だけに単純に「感動した!」とは言いがたいものがある。


作品データ
監督:杉田成道 出演:役所広司、佐藤浩市他 製作年:2010年 製作国:日本


最後の忠臣蔵 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2011-06-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最後の忠臣蔵 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック