日本のゴッドマザー トイレット

トイレット TOILET

画像


 「かもめ食堂」「めがね」に続く、荻上直子監督の最新作。外国を舞台に、家族の心の交流を描いており、前2作と併せて三部作とくくってしまってもよさそうだ。
 今回、出演する日本人俳優は もたいまさこ 1人で、彼女はカナダに住む3人兄弟(ハーフ or クォーター?)の祖母を演じている。引きこもりの長男、オタクの次男、気の強い長女の3人兄弟は、亡くなった母親が日本から呼び寄せた祖母の面倒を見る羽目になるが、祖母とはまったくコミュニケーションが成立しない。祖母は毎朝トイレから出ては深いため息をつき、それ以外の場面では兄弟たちと言葉を交わすことすらない。しかし、時間が経つうちに、少しずつ彼らの距離は縮まっていき、それぞれの悩みを抱える兄弟たちも、彼女との交流を通して大切な何かに気づき、成長していく。
 普通では考えつかないシチュエーションに登場人物を置き、静かに化学変化が起きるのを観察するような荻上直子監督の手法は今回も冴えている。特に、細かいアイテムの使い方が抜群に巧い。エアギターやDNA鑑定、インド人の同僚など、簡単には結びつかないものを三題噺のように効果的にストーリーに織り込んでいる。もっとも、荻上監督には別な意味で驚かせてもらいたい。彼女もいつまでも似た印象の作品ばかり撮り続けるわけにもいかないだろう。
 まだ60歳にもなっていない もたいまさこ が、気難しそうで、それでいて内に何かを秘めた祖母を好演。「やっぱり猫が好き」ファンである私から見れば彼女の演技の安定感は申し分ないが、この役柄は外国人が見てもミステリアスで、きっとウケるに違いない。もたいまさこ はハリウッド進出のチャンスかも。

作品データ
監督:荻上直子 出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー他
製作年:2010年 製作国:日本・カナダ


トイレット [DVD]
ポニーキャニオン
2011-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トイレット [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック