地味に魅せる モンスターズ

モンスターズ/地球外生命体 MONSTERS ☆

画像


 総製作費約130万円ということでも話題になったイギリス発のSF映画。もっとも、モンスターズ(地球外生命体)はあくまでも脇役に過ぎない(登場するモンスターズも一口で言えば巨大なタコ)。
 モンスターズが猛威を振るうメキシコからアメリカへ脱出を図る1組の男女のロード・ムービーで、SF映画の体裁をとってはいるが、新聞社のカメラマンと彼の新聞社の社長令嬢が、旅を通して自分自身の抱える問題を見つめていくというストーリー。主題はロードムービーの典型といっていい。
 主要キャストはスクート・マクナリーとホイットニー・エイブルいう実生活でも恋人同士の2人。SF映画らしからぬ自然な演技をしているところがいい。もし、この2人に代わって有名俳優をキャスティングするならば、ベン・ステイラーとキャメロン・ディアスといったイメージだろうか。しかし、彼らが演じるとなるとオーラが強すぎて、この作品独特の味わいは出てこないような気がする。
 地球に襲来した怪物から逃げていく作品という点ではトム・クルーズの「宇宙戦争」を連想させるが、モンスターズよりも、それらを取り巻く人間を中心に描いている点では「第9地区」に似た印象。ギャレス・エドワーズ監督みずからが手持ちのカメラで撮影しており、ドキュメンタリーっぽい雰囲気も共通している。「宇宙戦争」のようなハデさはないものの、最初から最後まで展開から目が離せない。また、社会性の面では「第9地区」に軍配が上がるが、人間性の面では「モンスターズ」が勝っているように感じた。

 誰にでもおススメという作品ではないが、「第9地区」が面白いと思った人には見て欲しい作品である。

作品データ
監督:ギャレス・エドワーズ 出演:スクート・マクナリー、ホイットニー・エイブル他
製作年:2010年 製作国:イギリス


モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray]
東宝
2011-11-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by モンスターズ / 地球外生命体 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック