イケメンのアクション映画 バーンコーク・カンフー

バーンコーク・カンフー BANGKOK KUNGFU ☆ 【DVD】

画像


 人身売買や児童虐待という社会問題を背景にしたタイのアクション映画。ギャング団に誘拐された子どもたちが眼や耳を傷つけられ、舌を抜かれ、障害者として物乞いをさせられている。それを救ったのがカンフーの達人の僧侶で、彼らは僧侶の導きで武芸の達人となり、成長してギャングたちに復讐を果たすというストーリー。
 動画サイトで見た予告編が非常によくできており、バンコクの eThaiCD.com からリージョン3のDVDを購入した。日本語字幕はおろか、英語字幕さえないので、ストーリーの細部はよくわからない。アクションなので大雑把にわかればいいとタカをくくって見ていたが、意外に細かいやりとりがあるらしく、アクション以外の場面はいまひとつピンとこなかった。もっとも、アクションそのものもVFXによるものがほとんどで、タイ映画だからといってトニー・ジャーやジージャーのような本格的なアクションが見られるわけではない。しかし、アニメに出てくるような超人的な技が次々に繰り出されるのはなかなか爽快。さらに4人の主人公たちが障害を負っているという点がアクションに凄みを加えている。後半になってドラマが中心になってくるとテンションは下がるのだが、全体の雰囲気は悪くなかった。障害を負った主人公たちを演じているのがアーラック・アモンスパシリ、マリオ・マウロー、アティキット・プルンプロローム、ウィサワ・タイヤーノンというイケメン俳優たち。アイドル主演のアクション映画と思えば合格点かもしれない。ヒロイン役のチャリンヤー・シリモンコンサクンは歌手でもあり、エンディングテーマも歌っている。それほど見せ場がなかったのが残念。
 敵との因縁など細かいところをはっきりさせたいが、日本語版の発売は望み薄だろう。

作品データ
監督:ユッタルート・シッパパーク 出演:アーラック・アモンスパシリ、マリオ・マウロー他
製作年:2011年 製作国:タイ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック