待望の水野美紀 恋の罪

恋の罪 Guilty of Romance ☆ 【BD】

画像


 舞台演劇を見ているような迫力があり、いずみ(神楽坂恵)と美津子(冨樫真)のやりとりにはグイグイ引き込まれる。田村隆一の詩「帰途」を引用した身体論も面白い。しかし、「冷たい熱帯魚」で味をしめたのか、ファンの期待に応えようとサービスをしすぎたのか、やや冗漫な表現が目立ったような気がする。そして題材そのものはセンセーショナルなのに、園子温監督にしては描写が控え目だったのではないだろうか。
 何だかんだ言ってこの作品を購入した一番の理由は水野美紀にある。オールヌードも厭わぬ熱演ということだったが、問題のシーンは冒頭のほんのわずか。しかも、必然性がなかったので話題作りというだけならもったいない。作品全体での彼女の熱演は認めるが、神楽坂恵や冨樫真までの「狂気」を演じるには至らなかった。また、ミステリとしての展開も工夫するともっと面白さは増したような気がする。
 この作品の最大の収穫は美津子の母親を演じた大方斐紗子の怪演ぶり。彼女の登場で後半は一気に盛り上がる。その演技だけでも一見の価値はあるかもしれない。

作品データ
監督:園子温 出演:水野美紀、富樫真、神楽坂恵他
製作年:2011年 製作国:日本


恋の罪 [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2012-06-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋の罪 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック