山本太郎に救われたオダギリ・ジョー マイ ウェイ

マイ ウェイ 12,000キロの真実 MY WAY 【BD】

画像


 戦争を背景にしながら「戦争映画」にしなかったところにこの作品の勝因がある。戦争映画マニアの友人の影響で多くの戦争映画を見てきたが、良くも悪くも腹に応える重さがあるのでどうしても身構えずにはいられない。もちろん、一度見始めればぐぐっと引き込まれる作品が多いのも事実。しかし、ストレスを溜めるだけ溜めておいてカタルシスが得られるとは限らないのだ。しかも、この作品は日本占領下の朝鮮から始まる日本人と朝鮮人の物語だという。韓国映画がどのように日本人を描くのかが心配でもあった。
 結論として、この物語は韓国映画として作られたことで成功したと言っていいのではないだろうか。歴史観の違いがあるのかもしれないが、日本人が真正面から描ききれない部分をカン・ジュギュン監督はしっかり描ききっている。誤解がないように言っておくと、カン・ジェギュン監督は日本軍の加害責任など、歴史解釈に触れるような描き方をせず、日本軍、ソ連軍、ドイツ軍、アメリカ軍を描くことで戦争そのものの悲惨さを描いたのだ。

 チャン・ドンゴンは徹底してぶれない好青年を演じたが、オダギリ・ジョーは微妙。日本人の目から見ても嫌な奴なのだ。しかし、彼以上に嫌な奴として山本太郎がいたことで、後半のチャン・ドンゴンとの友情が説得力を持った。徹底して戦争に翻弄される2人なのだが、冒頭でオリンピックのマラソンに出場しているキム・ジュンシク選手が映っているので、決して彼は死なないと信じて安心して見ることができた。もっとも、さすがにラストはひねりを利かせているが。「美しすぎるパルチザン」としてほんの少しだけ登場したファン・ビンビンは相変わらず魅力的だったが、全体の流れの中で彼女の存在は不要だったかもしれない。

作品データ
監督:カン・ジェギュ 出演:チャン・ドンゴン、オダギリ・ジョー、ファン・ビンビン他
製作年:2011年 製作国:韓国


マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
ワーナー・ホーム・ビデオ
2012-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック