微妙な kobo touch

電子ブック楽天〈kobo〉 7,980円 ☆

画像


 販売価格は7,980円だが、プラチナ会員には3,000ポイントが返ってくるため、実質5,000円で入手できるとあって、予約をして発売日の7月19日にゲット。
 5,000円をドブに捨てるようなことがあっても、授業料として甘受する覚悟はあったが、実際に使ってみるとやはり微妙な点がある。最初にセットアップをしようとしてネットに接続するところからうまくいかない。サーバーが混み合っているせいか、1時間近くあれこれ試してやっとセットアップを完了。無料で入っている電子ブックは青空文庫の「銀河鉄道の夜」や「吾輩は猫である」などで、これは積極的に読む気にはならない。早速、イーブックストアにアクセスしてみると、立ち上げたばかりとはいえ、和書の書籍数が予想以上に少ない。しかも、ストアの分類が適当なので、自分の好みのジャンルになかなかたどり着かないのだ。京極夏彦の『百鬼夜行 陽』と岡崎京子の『ヘルター・スケルター』を購入し、同期には成功(もっとも、端末そのもののWi-Fi接続は不安定だが)。
 今日は仕事が休みだったので時間を見つけて少しずつ操作してみると、今度は端末が使いづらい。電子ペーパーは確かに目に優しいのだが、タッチパッドの反応は極めて悪い。スマホのようなキビキビした反応は無理だとしても、何度もタッチしなければページがめくれないようでは困る。使い慣れてくればうまく扱えるようになると思うが、近いうちに日本上陸を果たすアマゾンのキンドルの評判次第では乗り換えてしまうかもしれない。せめてそれまでにイーブックストアのラインナップが充実すればいいのだが。


kobo Touch (ライラック)
楽天ブックス
<font color="#000000"><b>【カラー】</b>|<a hr


楽天市場 by kobo Touch (ライラック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック