再来襲に備えよ バトルシップ

バトルシップ BATTLESHIP 【DVD】

画像


 意地でも Blu-ray が単体で発売されるまで待つつもりだったが、友人がDVDで購入したので借りて鑑賞してしまった。ハリウッド映画お得意のSFスペクタクル・アクションで、映画の面白さがぎっしり詰まっている。
 もちろん、正義=アメリカは最後に必ず勝たねばならず、「ご都合主義」のストーリーは相変わらずだが、主人公のアレックス(テイラー・キッチュ)とともに最後まで戦うのが海上自衛隊のナガタ(浅野忠信)である点は興味深い。アメリカの一人勝ちにしなかったところが「インデペンデンス・デイ」などとは微妙に異なる。アメリカは最後まで日本をパートナーとして見てくれているということなのだろうか。
 イギリス映画の「モンスターズ/地球外生命体」のような工夫があればともかく、どうしてもこのテの映画の場合は制作費の多少で迫力や説得力が違ってくる。そういう意味では、この作品は「インデペンデンス・デイ」に並ぶエイリアンの地球侵略モノの代表作に数えていいだろう。しかし、アメリカ国内での評価がいまひとつなのは、やはり日本の手を借りたせい?
 ところで、エイリアンは果たして地球を侵略するためにやってきたのだろうか。地球からメッセージを送っておいて、いざエイリアンが地球にやってきたら侵略者扱いというのはひどいような気もする。彼らは通信機能を持った宇宙船が地球の人工衛星と接触して破壊され、母星との連絡を取りたかっただけなのかもしれない。それなのに着水した海域には多くの軍艦。彼らにしても攻撃されたら応戦するしかない。攻撃の意図を見せないときはエイリアン側も攻撃しようとはしなかったのに、地球人は好戦的。そしてとうとうエイリアンを撃破してしまった。母星との通信ができなかったとはいえ、母星では彼らが地球に向かって行って消息を絶ったことは知っているはず。次はさらに多くの宇宙船で地球にやってくるに違いない。もし仲間が地球人に殺されたことを知ったら…。

作品データ
監督:ピーター・バーグ 出演:テイラー・キッチュ、浅野忠信、リーアム・ニーソン他
製作年:2012年 製作国:アメリカ


バトルシップ [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バトルシップ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック