外連味のない脱北物語 クロッシング

クロッシング crossing 【DVD】

画像


 これほど脱北を淡々と描いた映画は見たことがない。ドラマティックに描こうと思えばいくらでもドラマティックにできるのに、映画は客観的にキム・ヨンスとジュニの親子の脱北物語を描いている。だからと言って「真実の物語」だとか、「リアリティ」だとかいう言葉が当てはまるのかどうかは、まさに北朝鮮の真の姿を知り得ないので判断のしようがない。現実の脱北事件に取材した物語であることは確かだが、妙な色気を出さなかったことで成功した作品である。また、感情を思い切り爆発させることの多い韓国映画にしては、正面からの北朝鮮の体制批判を避けたことは特筆すべきである。それでも過酷な運命によって引き裂かれた親子や家族の姿は、十分に説得力を持って描かれている。南北分断から長い年月が経ち、韓国でも現状に慣れてしまった若年層が増えていると聞く。日本にしてもくだらない政権争いのために、拉致問題が置き去りにされている。現在、領土問題のために日本と韓国との関係は微妙であるが、表面的な韓流ブームに浮かれるだけでなく、このような作品を見ることによって理解を深めていかなければならないような気がする。
 ちなみに結末はやっぱり韓国映画だけあって生ぬるくはなかった!

作品データ
監督・キム・テギュン 出演:チャ・インビョ、シン・ミョンチョル他
製作年:2008年 製作国:韓国


クロッシング [DVD]
マクザム
2010-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クロッシング [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック