ハードでもソフトでもなく ヒットマン

ヒットマン HITMAN 【DVD】

画像


 人気ゲームソフトの映画化ということだが、「バイオハザード」や「TEKKEN」くらい荒唐無稽なゲームらしさを徹底しておらず、中途半端な感は否めない。そして何よりも中途半端なのは主演のティモシー・オリファント。予算を抑えるためなのか、雰囲気も演技力も伴わない俳優を起用してしまった。プロの暗殺者である主人公のエージェント47が殺人マシーンから人間へと変わっていくところが演技力の見せ所なのに、ティモシー・オリファントの表情からは感情がちっとも伝わってこない。結果的にヒロインのオルガ・キュリレンコが際立つ形になり、そのおかげで彼女がボンドガールに抜擢されたとすれば彼が陰の功労者ということになるだろう。製作総指揮のヴィン・ディーゼルが主演する予定だったという説もあり、彼が主演していればゲームを離れてアクション映画としてのシリーズ化も望めたような気がする。
 それにしても組織の暗殺者がスキンヘッドにバーコードを刺青するというのは目立ちすぎ。組織からの刺客も同じような格好で主人公を追うのだが、間違えて仲間を撃つ心配はないのだろうか。主人公もカツラをかぶって逃げれば追っ手を振り切ることは容易だったのに最後まで帽子すらかぶらない。また、不思議なことに組織の人間以外にもスキンヘッドがたくさん出てくるのだ。もしかすると製作者の意図はスキンヘッドの地位向上にあったのかもしれない。

作品データ
監督:ザヴィエ・ジャン 出演:ティモシー・オリファント、オルガ・キュリレンコ他
製作年:2007年 製作国:アメリカ、フランス


ヒットマン(完全無修正版) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒットマン(完全無修正版) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック