若々しいドニー アイアン・モンキー

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー IRON MONKEY 少年黃飛鴻之鐵馬騮 【DVD】

画像


 ジェット・リーが黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)を演じた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」の番外編。ツイ・ハークが製作を担当しているという点では「外伝」と言いながらもシリーズの正統な流れを継いでいる作品といえる。
 原題にもあるように黄飛鴻の少年時代の物語だが、主役となるのはドニー・イェンが演じる黄麒英(ウォン・ケイイン)とユー・ロングァン演じる義賊の鐵馬騮の2人。現在の立場からするとドニー・イェンを最初にクレジットするのも当然といえるが、物語の中心にいるのはどちらかというとユー・ロングァン。京劇出身の彼は身のこなしも洗練され、アクションはもちろんのこと、人間味のある演技をしている。アクション映画を中心に多くの作品に出演しているにも関わらず、なぜか主演といえる作品がないのが惜しいところ。この作品でも存在感を発揮しているのにアクの強さがないために自然と脇役に回ってしまった感がある。
 物語は単純ながら、2人のヒーローをバランスよく配して安定感のある展開。懐かしさすら感じる当時のワイヤー・アクションや早回しも、決して興を殺ぐことはない。これもドニー・イェンを始めとして本物のカンフーができる俳優を起用しているからだろう。ちなみに子役ながら飛鴻を演じているツァン・シーマン(実は女の子)も見事なカンフーを見せている。
 ヒロインを演じたジーン・ウォンは、本編の「ワンチャイ」シリーズにも出演しており、台湾を中心に活躍していたモデルでもある女優。実際のアクションはスタントマンを立てているのだろうが、彼女自身が演じているシーンにも違和感がない。また、楚々とした雰囲気もなかなかよかった。日本の女優でいうと京野ことみに似て、個人的な好みにぴったりはまった。
 最終的に悪が滅び、正義が勝つ「勧善懲悪」な展開もスカッとして気持ちがいい。それにしても、当時30歳のドニー・イェンは、さすがに若々しくてつやつやした顔をしている。

作品データ
監督:ユエン・ウーピン 出演:ドニー・イェン、ユー・ロングァン他
製作年:1993年 製作国:香港


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー デジタル・リマスター版 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-03-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアン・モンキー デジタル・リマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック