愚痴っていても仕方がない デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン SAFE HOUSE 【DVD】

画像


 冷戦終結後もエスピオナージ(諜報活動)を扱ったハリウッド映画はいっこうに減る気配がない。ここ数年でも「グッド・シェパード」や「ボーン」シリーズ、「RED」などCIAの工作員が主人公となる作品が次々に製作されている。アメリカという国は多民族国家だけに、人間関係の前提に「疑心暗鬼」があるのかもしれない。現在では敵は主義・主張の異なる対立陣営ではなく、内部に、しかもごく身近にいるパターンが定番である。
 ケープタウンのセーフハウスを管理するCIA職員のマット・ウェストン(ライアン・レイノルズ)と、裏切り者の元工作員トビン・フロスト(デンゼル・ワシントン)との逃避行の物語。早い時点で内部に裏切り者がいることが発覚し、それが誰なのかも容易に見当がつく。しかし、この作品が面白いのは、腕利きの工作員が人間離れした活躍をするのではなく、CIAの職員ではありながら僻地(?)のケープタウンでくすぶっているマットが主人公である点。自分には能力があると信じ、昇進を願っているが、なかなか組織には認められない。そういうマットが自分自身とも重なって見えてしまうのだ。マットは次々に見舞われるトラブルを的確に処理しているとはいえないが、組織の命令に黙って従うだけではなく、その時々で自分にできることを精一杯しようとする。実はいい人(?)のトビンの助けがあるとはいえ、最善の努力を積み重ねることで本当の自信というものを身につけていく。ただ腐っているだけではなく、必死にならなければ道は拓けてこないのだ。
 単にスリルとサスペンスを求めるアクション映画としてみると平均点の作品だが、マットの成長物語と考えると見ている自分自身も元気になれる作品だった。

作品データ
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ他
製作年:2012年 製作国:アメリカ


デンジャラス・ラン [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by デンジャラス・ラン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック