愛さえあれば? シェイム

シェイム-SHAME- 【DVD】

画像


 マイケル・ファスベンダーとキャリー・マリガンが出ていなければ、独りよがりのインディーズ映画と片付けられてしまいそうな作品。事前にある程度の情報を得たうえで見ているために何となくわかるような気がするのだが、作品そのものの作りは、あえて説明的な台詞や直接的な描写を避け、解釈は見ている者に委ねようとしているように思える。ブランドンとシシーの兄妹はどのような環境で育ち、どのような過去があったのか。2人のやりとりからはそれを推測する根拠となるほどの情報は得られない。両親の不和、もしくは彼らに対する虐待などがあったのかもしれないし、兄妹の間に近親相姦的な関係があったとも考えられる。
 この兄妹に決定的に欠けている大きな何かは、我々が想像するしかない。その欠落を埋めるためにブランドンはSEXに依存し、シシーも自己の存在を確かめるかのように自傷行為に走っている。しかし、それらの行為を繰り返しても、彼らは決して満たされることはないのだ。その欠落しているものを「愛」だとする解釈はあまりに薄っぺらすぎるような気もするが、彼らに限らず、我々の誰もが自らに欠落している何かを追い求めてあがいているのではないか。一見、何の問題も抱えていないように思えるブランドンは、他人の目から見た自分なのかもしれない。
 宣伝文句ほど扇情的ではないし、どちらかといえば淡々とした展開なのだが、「なんかよくわからなかった」と片付けてしまうには惜しい、不思議な感触の残る作品である。

作品データ
監督:スティーヴ・マックィーン 出演:マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン他
製作年:2011年 製作国:イギリス


SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D)
2012-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック