案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS 外連味たっぷり エイリアン4

<<   作成日時 : 2013/03/23 20:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

エイリアン4 ALIEN RESURECTION ☆ 【BD】

画像


 「外連味たっぷり」と言っても、この場合は非難しているわけではなく、B級映画的な面白さがたっぷりという意味のほめ言葉。確かにSFホラーの金字塔「エイリアン」の続編と考えると、あまりに俗っぽすぎるかもしれないが、リプリーが溶鉱炉に身を投げてから200年後にクローンとして蘇り、さらにクローン化の過程でリプリーの遺伝子とクイーンの遺伝子が融合するという、いかにも三流SF的な設定がいい。そのためにリプリーはシリーズ最強の戦士となり、3作目ではスキンヘッドだったせいもあってジョン・マクレーンを彷彿とさせたが、4作目でもシガニー・ウィーバーにはブルース・ウィリスを見るようなたくましさがある。
 シリーズに共通する宇宙船という閉鎖空間での戦いは、「タワーリング・インフェルノ」から「ダイハード」シリーズへと続くパニック・アクション映画の系譜に位置づけられるが、さらに今回は宇宙なのに「ポセイドン・アドベンチャー」まで入っている。そして完全版のラストシーンは自由の女神をエッフェル塔に置き換えた「猿の惑星」なのだ。おそらく、フランス人のジャン=ピエール・ジュネ監督も、60年代後半から70年代のアメリカの娯楽映画を見て育ったのだろう。
 主役のシガニー・ウィーバー以外で有名俳優といえるのはウィノナ・ライダーくらいだが、シリーズでは常に鍵を握るアンドロイドを好演。「シザーハンズ」の頃の可憐さをまだ残している。彼女は現在でいえばアン・ハサウェイやナタリー・ポートマンのようなスターになる資質はあったように思われるが、万引・窃盗事件のために汚れたイメージになってしまったのが惜しまれる。
 今回は「FOX HERO COLLECTION エイリアン ブルーレイBOX」で4作を通して見直したが、いずれもそれぞれの味があって十分に楽しめた。2作目以降についても再評価されていいような気がする。


作品データ
監督ジャン=ピエール・ジュネ 出演:シガニー・ウィーバー、ウィノナ・ライダー他
製作年:1997年 製作国:アメリカ


【FOX HERO COLLECTION】エイリアン ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (FOXDP)
2012-07-18

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【FOX HERO COLLECTION】エイリアン ブルーレイBOX(4枚組)(初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外連味たっぷり エイリアン4 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる