案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛すべき愚かな男たち 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を

<<   作成日時 : 2013/05/07 19:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を VENGEANCE 復仇 ☆ 【DVD】

画像


 「エグザイル/絆」のジョニー・トー監督の作品。評判がよかったので買おう買おうと思いながら後回しにしていたところ、この5月2日に廉価版で再発売された。DVDが発売されてから見るまで2年以上かかったが、この価格で手に入れることができたのはラッキー!
 アンソニー・ウォンやサイモン・ヤム、ラム・シュにラム・カートンと主要キャストは「エグザイル/絆」と同じ(「ザ・ミッション 非情の掟」もほぼ同じ)なのだが、今回の主役はフランス人俳優のジョニー・アリディ。撮影当時60代半ばのなかなかシブい役者で、個性的な香港の役者の中に入っても違和感がない。しかし、彼を主演に迎えたことでヨーロッパのマーケットにアピールできたとはいえ、香港映画ファンとしては最後に美味しいところをよそ者に持って行かれた感がないでもない。物語の展開的には華々しく命を散らしたクワイ、チュウ、フェイロクの3人の仇をコステロが見事に晴らしてくれたのでスカッとするのだが。
 嬉しいのはジョニー・トーの作品に「男たちの挽歌」に見ることができた香港ノワールの世界がまだ残っていること。ジョン・ウーは大物になりすぎて自分の好みだけで作品を撮ることはできなくなってしまったのだろうが、ジョニー・トーはマンネリといわれても自分の撮りたい作品を撮る。「エグザイル/絆」にしても、この作品にしても、はっきり言って主人公たちの行動は合理的ではない。しかし、本当の「男」というものは「計算」で動くものではなく、「心意気」で動くものなのだ。主人公たちの行動に対して「バカじゃないの」などとを言う女性も少なくないだろうが、現実の世界ではここまでバカに徹しきれないからこそ、男たちは彼らに憧れるのだ。そして蛇足ではあるが、この邦題も私的には大正解!

作品データ
監督:ジョニー・トー 出演:ジョニー・アリディ、アンソニー・ウォン、サイモン・ヤム他
製作年:2009年 製作国:香港、フランス


冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD]
Happinet(SB)(D)
2013-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛すべき愚かな男たち 冷たい雨に撃て、約束の銃弾を 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる