ポーの小説を読んでいれば 最期の5日間

推理作家ポー 最期の5日間 The Raven 【iTunes】

画像


 19世紀のボルティモアを舞台に、推理小説作家エドガー・アラン・ポーを主人公に据えたスリラー映画。アメリカ映画にしては、しっとりとしたヨーロッパ的な味わいがあり、バタバタしていないところがいい。ポーの謎に満ちた最期から発想を得た作品で、彼の小説を模倣した連続殺人事件と恋人の誘拐事件をポー自身が解決していく。
 ロバート・ダウニーJr.の「シャーロック・ホームズ」シリーズのようなユーモアはなく、結末もスカッとしていないが、犯人が残したヒントを解読してに真相に迫っていく展開はなかなか面白い。
 スランプに陥って酒浸りになったポーをジョン・キューザックが陰々滅々と演じ、彼と手を組んで事件の捜査にあたる切れ者のフィールズ刑事をルーク・エヴァンズが演じている。この2人の組み合わせが何ともシブく、人によっては地味すぎると感じる人もいるかもしれないが、この作品の暗い雰囲気にはぴったりはまっていた。
 ハデな作品ではないが、スリラー映画として大きなアラもなく、きっちりまとまった佳作である。

作品データ
監督:ジェームズ・マクティーグ 出演:ジョン・キューザック、ルーク・エヴァンズ他
製作年:2012年 製作国:アメリカ


推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2013-03-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 推理作家ポー 最期の5日間 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック