安藤サクラの魅力 かぞくのくに

かぞくのくに 【iTunes】

画像


 2012年のキネマ旬報ベストテン邦画1位の作品をやっと鑑賞。いかにもキネ旬好みといった雰囲気で、じっくり作品世界に身を投じたかったのだが、残念ながらできなかった。
 この作品に限った問題ではなく日本映画全般の傾向なのだが、台詞が聞き取りづらい(年老いたせい?)。もちろん、リアリティを追求すれば、常に声を張って会話をすることなどあり得ない。しかし、背景の効果音に比べて台詞の音圧が低いと、むやみにボリュームを上げるのも危険。字幕つきであれば問題はないものの、今回は iTunes で購入した作品を iPod から液晶テレビに出力したので字幕も見られない。そのために肝心の台詞が聞き取れないまま、ストーリーを追わねばならなかった。
 作品全体の出来はともかく、意外な発見だったのは安藤サクラのこれまでとは違った女性らしい印象。「愛のむきだし」や最新テレビドラマ「ショムニ」で見せるちょっと取っつきにくく、怖いイメージがあったのだが、これからはまた別の面が期待できそう。意外なセクシーさなども見せてくれるかも知れない。

作品データ
監督:ヤン・ヨンヒ 出演:安藤サクラ、井浦新、ヤン・イクチュン他
製作年:2011年 製作国:日本


かぞくのくに ブルーレイ [Blu-ray]
角川書店
2013-03-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by かぞくのくに ブルーレイ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック