案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS 猟奇的なチョン・ジヒョンに再会 10人の泥棒たち

<<   作成日時 : 2013/10/04 20:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

10人の泥棒たち THE THIEVES ☆ 【BD】

画像


 香港映画や韓国映画などアジア映画好きの私が飛びつかずにはいられない豪華キャスト。韓国チームは「イルマーレ」「ハウスメイド」のイ・ジョンジェ、「チェイサー」のキム・ユンソク、「渇き」のキム・ヘスク、香港チームはジョニー・トー作品や「トゥームレイダー2」のサイモン・ヤム、「The EYE」のアンジェリカ・リーなど、安定感のある顔ぶれがずらりと揃った。
 欧米から見れば日本も中国も韓国も似たようなものだろうが、同じアジアといってひとくくりにできない韓国VS香港の対立の図式がおもしろい。韓国映画であっても、これは韓国映画と香港映画の戦いでもある。両国を代表する俳優たちの演技合戦は見応えがあった。しかし、単に豪華キャストを並べただけではなく、俳優の使い方が非常に巧い。必ずしも10人それぞれが存在感を発揮しているわけではないものの、チームごとにそれぞれのキャラクターがしっかり色分けされ、さらに2チームが組み合わさることで絶妙なペアやトリオができあがる。途中で出番は終わってしまうが、サイモン・ヤムとキム・ヘスクの熟年カップルは最高のコンビだった。
 だが、個人的には何といってもチョン・ジヒョン! まるで「猟奇的な彼女」が帰ってきたかのように奔放なイェニコールを演じたチョン・ジヒョンが文字通りのワイヤーアクションに挑戦。「ラスト・ブラッド」でも非凡なアクションの才能を見せたが、今回はモデル出身の見事なプロポーションを活かしたスタイリッシュなアクションを見せてくれる。三十路に足を踏み入れて、ますますチョン・ジヒョンは魅力的なのだ。
 全体として楽しい作品ではあるが、それだけの作品ではない。アジア的な無常観も感じられ、警察やギャングに追われ、半数の仲間たちは命を落とすことになる。この切なさもアジア映画独特の味わいなのだ。

作品データ
監督:チェ・ドンフン 出演・イ・ジョンジェ、キム・ユンソク、チョン・ジヒョン他
製作年:2012年 製作国:韓国


10人の泥棒たち [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2013-09-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 10人の泥棒たち [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猟奇的なチョン・ジヒョンに再会 10人の泥棒たち 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる