ヒッチコックと草笛光子 ヒッチコック

ヒッチコック Hitchcock 【iTunes】

画像

 
 巨匠ヒッチコックの名は知っていても、作品としてまともに見たのは「北北西に進路を取れ」くらい。しかも、NHK教育テレビで放映されていたものだったので積極的に見たわけではない。この「ヒッチコック」は「サイコ」製作の舞台裏を描いた作品だが、「サイコ」そのものも有名なシーンを断片的に目にしているだけ。おそらく「サイコ」を見ていればもっと面白く見ることができただろう。
 とはいえ、この「ヒッチコック」も面白くないわけではない。「サイコ」がヒットすることをわかって見ているので意外性はないが、周囲の反対にあいながら苦難を乗り越えて「サイコ」を完成させるヒッチコックを、ついつい応援したくなる。この作品もどちらかというと映画ファンや映画人に向けた作品といえるのかもしれない。
 ちなみに私にとってのヒッチコックといえば、熊倉一雄の 「みな~さん」 という声で本人が登場するテレビ東京系の「ヒッチコック劇場」なので、この作品のアンソニー・ホプキンスのヒッチコックにはやや違和感もあった。もっとも、アンソニー・ホプキンスにしてはアンソニー・ホプキンスらしくないので、実際のヒッチコックには似ているのかもしれない。それよりも気になったのは妻のアルマを演じたヘレン・ミレンがどうしても草笛光子に見えること。それから「ベスト・キッド」のラルフ・マッチオがアルマの「浮気相手」を演じていたのにはビックリ。「ダニエルさん」の面影はどこにもなかった。

作品データ
監督:サーシャ・ガヴァシ 出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン他
製作年:2012年 製作国:アメリカ




ヒッチコック [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2013-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒッチコック [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック