刹那的! スプリング・ブレイカーズ

スプリング・ブレイカーズ SPRING BREAKERS ☆ 【BD】

画像


 おバカな女子大生の暴走ぶりを描いた脳天気な作品と思って見ていたが、鮮やかな色彩の映像とは裏腹に、刹那的な雰囲気が全編を覆っている。刺激を求めて「一夏の経験」ならぬ「春休みの経験」に飛び出す女子大生4人の物語なので、「青春映画」に分類されるべき作品なのかもしれないが、「若さ」だけでは片付けられない人間の薄っぺらさのようなものが描かれていて、何とも切ない。
 ダイナー強盗で遊興資金を稼いで「スプリング・ブレイク」に出かけた彼女たちも、麻薬や銃器に囲まれているジェームズ・フランコ演じる「エイリアン」も、決して根っからの悪人ではない。行為そのものは悪いことだが、むしろ善悪を描き分けることを意識的に避けているようなところもある。薬やセックス、犯罪に手を染めても、それらが無自覚に行われているので、行為そのものに対しての葛藤などはないのだ。行為の善悪がはっきり描かれていないために、彼女たちの側に立つのか、彼女たちを否定する側に立つのか、見ている方も自分の立ち位置がわからない。この作品の切なさ、やりきれなさは、この独特の描き方から来ているような気がする。考えてみれば、ほんの少し進む方向がずれただけで人生の成功や失敗が分かれるのだ。この作品の主人公は女子大生だが、実際には年齢にかかわらず、無自覚に道を逸れていくことは少なくない。意外にこの作品は深い。

 さらに、彼女たちが経験したような「スプリング・ブレイク」が、自分には決してやってくることがないと思うと、それもまた切ないのだ。  

作品データ
監督:ハーモニー・コリン 出演:ジェームズ・フランコ、セレーナ・ゴメス、ヴァネッサ・ハジェンズ他
製作年:2012年 製作国:アメリカ


スプリング・ブレイカーズ [Blu-ray]
東宝
2013-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スプリング・ブレイカーズ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック