案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS どこに見せ場を持って行こう トゥームストーン

<<   作成日時 : 2014/01/18 20:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

トゥームストーン/ザ・リベンジ Dead in Tombstone 【iTunes】

画像


 かつては「ネコパンチ」という必殺技を持つプロボクサーでもあったミッキー・ロークも、いまではダニー・トレホと並んで全く見劣りしない怪優となってしまった。存在感ではその辺のハリウッド・スターなど足下にも及ばない2人が、西部のお尋ね者と悪魔を演じたビデオ映画である(どうもアメリカで劇場公開はされていないらしい)。

 腹違いの弟の裏切りによって殺されたお尋ね者のゲレロ(ダニー・トレホ)が、復讐を果たすため24時間以内に仲間6人の魂を渡すことと引き替えにに悪魔(ミッキー・ローク)と契約を結んで西部の町に生き返る。単純な復讐譚なので見終わってスカッとするかと思いきや、仕掛けがいずれも中途半端で何ともスッキリしなかった。

 ダニー・トレホの風貌で、しかもあの世から蘇ったにしては、ゲレロは普通の生身の人間。復讐の仕方ももっとおどろおどろしくなるのかと思ったが、極めて正攻法(無防備)に裏切った仲間たちに立ち向かうのだ。当然、銃撃を受けて傷も負う。そして、悪魔と約束した24時間が過ぎても6人全員を殺すことができず、再びあの世に引き戻されるのだが、悪魔はとても情け深く、残りの2人も殺してこいと再び生き返らせてくれる。これでは悪魔との契約もあったもんじゃない。せっかく個性的な俳優を配して荒唐無稽な設定を用意したのに、どこで面白がらせようと思ったのかスタッフの意図がわからないのだ。

 とはいえ、主演の2人は立っているだけで絵になる。イケメンではなく、個性的な男の顔をじっくり味わうには面白い作品といえるだろう。
 

作品データ
監督:ロエル・レイネ 出演:ダニー・トレホ、ミッキー・ローク他
製作年:2012年 製作国:アメリカ

 
トゥームストーン/ザ・リベンジ [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-12-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by トゥームストーン/ザ・リベンジ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこに見せ場を持って行こう トゥームストーン 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる