面白くなってきた! イントゥ・ダークネス

スター・トレック イントゥ・ダークネス STAR TREK INTO DARKNESS ☆ 【BD】

画像


 40代以上(?)の人間にとって、やはりカークとスポックが出てこなければ「スター・トレック」ではない。「新スター・トレック」シリーズがいまひとつに感じられたのは、この2人を欠いていたからである。とはいえ、ウィリアム・シャトナーやレナード・ニモイをいつまでも働かせるわけにはいかないので、2009年の「スター・トレック」からクリス・パインとザッカリー・クイントに世代交代したのは正解。前作では新しい出演者たちに物足りなさを感じたものの、回を重ねるごとに馴染んでくるのがシリーズ物のいいところ。見慣れたメンバーが出てきたことで、今回はばっちり「スター・トレック」の世界に入り込むことができた。

 タイムスリップというややこしい設定だった前作に比べると、優性人類カーン(ベネディクト・カンバーバッチ)とマーカス提督(ピーター・ウェラー)という2人の悪役を配したことで、わかりやすいストーリーになり、余計なことに気を遣わずエンタープライズの乗組員たちに感情移入することができた。カークとスポックだけではなく、マッコイ、ウフーラ、スコッティ、スールー、チェコフ、マーカスなど脇役にそれぞれ見せ場があるのも嬉しい。また、今回は3DのBlu-rayで見たのだが、舞台が宇宙だけに全編にわたって3Dならではの奥行きが感じられ、映像的にも楽しかった。

 この調子でエンタープライズの冒険が続いていくのならば、喜んでカークとスポックが年老いるまで付き合っていきたいと思わせる作品だった。


作品データ
監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザッカリー・クイント他
製作年:2013年 製作国:アメリカ


スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-01-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スター・トレック イントゥ・ダークネス 3D&2Dブルーレイセット(2枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック