近未来なのに古い!? ロボコップ

ロボコップ ROBOCOP ☆ 【BD】

画像


 Amazonで「ロボコップ(2014)+ロボコップ/ディレクターズ・カット(1987) ブルーレイパック」を購入。リメイク版に興味はあったが、BD+DVDの2枚組には手を出したくなかった。

 オリジナルの「ロボコップ」は劇場公開時に見ているし、その後もテレビ放映されたものを何度も見ている。そこで2014年のリメイク版を最初に見ようと思ったが、オリジナルに敬意を表するべきだろうと思い直した(場合によってはオリジナル版が日の目を見ない恐れもあったので)。

 しばらくぶりに見直してみると、印象的なシーンは多いが、細部まではおぼえていないことがわかった。それに思っていたよりもブラックな笑いやグロテスクなシーンも多い。「宇宙刑事ギャバン」に影響を受けたという話は有名だが、「ロボコップ」はどちらかというと大人向けのパロディ映画だったのだ。「グロ」だけでなく、「エロ」の要素も盛り込めば、トロマ映画のようなカルトな評価を不動のものにしたのかもしれないが、図らずもSFアクション映画の古典となってしまった。

 それにしても、近未来を舞台にしているのに登場人物のファッションは古い。このあたりは、同じポール・バーホーベン監督の、宇宙が舞台なのにファッションが野暮ったい「トータル・リコール」にも通じるところがある。しかし、ポール・バーホーベン監督のことだからあえてそういう演出をしているような気もする。けっこう作品に毒がある監督なのだから。

作品データ
監督:ポール・バーホーベン 出演:ピーター・ウェラー、ナンシー・アレン他
製作年:1987年 製作国:アメリカ

 
ロボコップ(2014)+ロボコップ/ディレクターズ・カット(1987) ブルーレイパック (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2014-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロボコップ(2014)+ロボコップ/ディレクターズ・カット(1987) ブルーレイパック (初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック