案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS ニキ・ラウダをなぜ知っていたのか ラッシュ

<<   作成日時 : 2014/09/21 16:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ラッシュ/プライドと友情 RUSH 【iTunes】

画像

 1970年代に活躍したF1レーサー、ニキ・ラウダとジェームス・ハントのライバル関係を描いたヒューマン・ドラマ。ネットの作品解説などを見ると、クリス・ヘムズワースが演じたジェームス・ハントが主人公であるかのように書いているが、どちらかというとダニエル・ブリュール演じるニキ・ラウダの方が印象深い。

 個人的には80年代から90年代にかけてのF1ブームも特に関心はなく、セナやプロスト、シューマッハなどの名前は知っていたものの、テレビのスポーツ・ニュースやスポーツ紙で耳にし、目にしていた程度。それなのに、なぜかニキ・ラウダの名前は知っていた。富士スピードウェイでのF1世界選手権が行われた76年当時、私は小学校高学年だったのだが、スーパーカーブームやサーキットを舞台にしたマンガの影響もあったのだろうか。CMなどにも出ていた記憶はあるものの、彼のレーサーとしての実績は初めてこの作品で知った。

 対照的な性格のジェームス・ハントとのライバル関係を中心に描いたことでキャラクターが単純化された面はあるのだろうが、素人には非常にわかりやすくて面白かった。クリス・ヘムズワースもマイティ・ソーとは違って若々しさを前面に出していた点もよかったし、何よりダニエル・ブリュールにこれといったイメージを持っていなかったことが幸いした。私にとっては他の誰でもなく、ニキ・ラウダに見えたのだ(実際の資料映像を見ても雰囲気がそっくり)。もちろん、ダニエル・ブリュールは「イングロリアス・バスターズ」や「ボーン・アルティメイタム」などで目にしているのだが。おそらく、F1に詳しい人、特に70年代のF1が好きだった人にはたまらない作品なのだろう。

作品データ
監督:ロン・ハワード 出演:ダニエル・ブリュール、クリス・ヘムズワース他
製作年:2013年 製作国:アメリカ、イギリス


ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2014-08-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラッシュ/プライドと友情 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニキ・ラウダをなぜ知っていたのか ラッシュ 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる