次はバーニーと対決? フライト・ゲーム

フライト・ゲーム Non-Stop 【iTunes】

画像


 「96時間」以降、アクション俳優としての活躍が目立つリーアム・ニーソン主演のアクション映画。リーアム・ニーソンは航空保安官を演じ、飛行中の航空機の中で乗客を殺害していく正体不明の犯人に迫っていくサスペンス映画でもある。

 ニューヨーク発ロンドン行きの航空機に乗り込んだ航空保安官のビル・マークス(リーアム・ニーソン)は、1億5000万ドルを振り込まなければ乗客を殺害するという携帯メールを受信する。機内に犯人がいると考えたマークスは、CAのナンシー(ミシェル・ドッカリー)や隣り合わせたジェン(ジュリアン・ムーア)らの協力を得て犯人を探すが、事態は思わぬ方向に進み、彼自身にハイジャックの疑いがかけられてしまう。

 「密室」である飛行中の航空機を舞台にしたサスペンス映画は少なくない。原題が「Non- Stop」であるのに対し、邦題は「フライト・ゲーム」。ジョディ・フォスターの「フライトプラン」を連想させるが、この作品も「フライトプラン」同様、単に「密室」を舞台にしているだけではなかった。犯人の正体がなかなかわからないということに加え、犯人を追う主人公自身が犯人にされてしまうという点もひねりが利いている。どうしてもリーアム・ニーソンがタフガイを演じると「96時間」のブライアンを連想してしまい、その点では新鮮みに欠けるところがあるものの、物語としては十分に面白かった。

 アマチュア・ボクサーの経験もあるリーアム・ニーソンだが、50代も半ばを過ぎてからのアクション俳優としての開花は非常に興味深い。「96時間」以前にもそれなりに強い男を演じているとはいえ、俳優としてのキャリアは長く、演技力もあるだけに、タフガイではない中年男を演じるリーアム・ニーソンも見てみたい(「CHLOE/クロエ」のデヴィッドはいまひとつだったが)。しかし、この調子では「エクスペンダブルズ」シリーズへのオファーが入る日も近いに違いない。  

作品データ
監督:ジャウマ・コレット=セラ 出演:リーアム・ニーソン、ジュリアン・ムーア他
製作年:2014年 製作国:アメリカ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック