案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN

アクセスカウンタ

zoom RSS 80年代ポップスが懐かしい アメリカン・サイコ

<<   作成日時 : 2015/10/12 11:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

アメリカン・サイコ AMERICAN PSYCHO 【iTunes】

画像


 1991年のブレット・イーストン・エリスの『アメリカン・サイコ』を原作に、2000年にメアリー・ハロン監督によって映画化された。猟奇殺人を繰り返す若いエリートを「ダークナイト」のクリスチャン・ベールが演じているが、彼は私生活でもカッとしやすい性格らしく、なかなかのはまり役だった。

 80年代のニューヨーク、パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は、27歳の若さながら一流企業の副社長でアッパーウエストサイドの高級マンションに住んでいる。同僚も彼と同じく高学歴のエリートで、流行の高級レストランに集い、名刺のデザインなどを比べ合う。ある日、魅力的な同僚ポール・アレン(ジャレッド・レト)が彼らの前に現れ、ベイトマンは嫉妬心から彼を自分のマンションに誘い、殺害してしまう。

 クリスチャン・ベールの緻密に計算された怪演は見事。個人的には猟奇殺人鬼としては美男よりも美女の方が萌えるのだが、キャラクターがぶれることなく、破滅へと突っ走っていくベイトマンは爽快といってもいいくらい。日本でも80年代はバブル全盛期、犯罪は犯さなくても常軌を逸した振る舞いはあちこちで見られたような気がする。過去のそういう風潮を懐かしみつつも辛辣に描いており、アジア映画の猟奇殺人物と違って、カラッとした空気感も特徴。

 残虐描写よりも印象に残ったのは、ベイトマンが殺人を犯す直前、部屋に当時流行のポップスを流し、殺されることに気づかない相手に音楽論を語る場面。MTVや「ベストヒットUSA」を欠かさず見てレンタルCDでヒット曲集を編集した私たちの世代にはこの音楽もグッとくるが、さらに彼の語っている音楽論が気恥ずかしい。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、フィル・コリンズ(ジェネシス)、ホイットニー・ヒューストンなど、誰もが飛びつき、誰もが語ったアーティストや作品を、とうとうと語るベイトマンは、私たち同様に浅はかとしか言いようがない。彼が映画の中でかけていたCDを全て持っている私にはかなりイタい場面だった。

作品データ
監督:メアリー・ハロン 出演:クリスチャン・ベール、ウィレム・デフォー他
製作年:2000年 製作国:アメリカ





次はこれ買う!


ブレイド ワーナー・スペシャル・パック(3枚組)初回限定生産 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブレイド ワーナー・スペシャル・パック(3枚組)初回限定生産 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
80年代ポップスが懐かしい アメリカン・サイコ 案山子庵(かかしあん) KAKASHI-AN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる