全然「ニキータ」じゃない MIA

MIA/ミア BORN OF WAR 【Amazonプライム】

画像


 手持ちの在庫がなくなったので Amazonプライム から未見のアクション映画を拾ってきた。主演のソフィア・ブラック=デリアは「ゴシップガール」などに出ていたらしいが、ジャケット写真のイメージとは違ってまだ少女という印象。意外に凝った筋立てて期待以上に楽しむことができた。
 
 ミア(ソフィア・ブラック=デリア)は、家族と自宅にいるところをテロリストに襲われ、妹とともに命からがら逃げ延びる。MI6に保護されたミアは、両親がアフガニスタンのテロリストに殺されたことを知らされる。テロリストのリーダーがミアの実父であることを知ってショックを受けるミアだったが、殺された両親の復讐のため、ボディガードのサイモン(ジェームズ・フレイン)から戦闘訓練を受け、アフガニスタンへと乗り込む。

 ソフィア・ブラック=デリアは、コーカソイド系というのか、エキゾチックな顔立ちの美少女。ミアはこの作品の宣伝文句にあるように「ニキータ」や「ソルト」に出てくるような女戦士ではない。テロリストに狙われており、護身のために銃器の扱いや護身術を身に付けたに過ぎず、自分自身で両親の復讐をしようとしていたわけではない。彼女の積極的な復讐劇を期待すると物足りなく感じるのだろうが、陰謀に巻き込まれて翻弄される少女の物語と思って見るとけっこう面白い。多少の手ほどきを受けただけのミアが、警察官や軍人を相手にして互角に渡り合うなどのご都合主義には目をつむろう。

 ミアを守る傭兵サイモンを演じたジェームズ・フレインも色男ではないが、なかなかいい味を出している。ヒロインを守る騎士がイケメンではかえって興ざめで、彼くらいの渋い男がちょうどいい。「トロン:レガシー」や「ローン・レンジャー」にも脇役で出演しているし、最近では「CSI」や「スリーピー・ホロウ」などアメリカのTVシリーズには欠かせない存在のようだ。MI6のエージェントを演じたリディア・レオナルドもTVシリーズで活躍している女優だが、既視感がないのがよかった。

 ネットでこの作品のレビューを拾ってみると、かなり厳しい評価が出ているが、それほど悪い作品ではないような気がする。少なくとも Amazonプライム で見るには申し分ない。

作品データ
監督:ヴィッキー・ジューソン 出演:ソフィア・ブラック=デリア、ジェームズ・フレイン他
製作年:2013年 製作国:イギリス


MIA-ミア-[DVD]
エイベックス・ピクチャーズ
2014-07-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by MIA-ミア-[DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック