ミステリの醍醐味 チャイルド44

チャイルド44 森に消えた子供たち CHILD44 【iTunes】

画像


 2009年の「このミステリーがすごい!」で海外編第1位となったトム・ロブ・スミスのミステリ小説『チャイルド44』を、「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ監督が映画化。1950年代のスターリン政権下のソ連を舞台に、左遷された秘密警察MGBの捜査官が連続殺人事件の謎を追う。

 秘密警察の捜査官レオ(トム・ハーディ)は第二次世界大戦の英雄だったが、 スパイの疑いをかけられた妻ライーサ(ノオミ・ラパス)をかばったためにウラル山脈にあるヴォウアルスク村に左遷される。そこで少年を狙った猟奇殺人事件が発生し、モスクワで起きた同様の殺人事件との関連に気づいたレオは、ヴォウアルスクの警察署長ネステロフ(ゲイリー・オールドマン)の協力を得て犯人を追うが、「ソ連に犯罪は存在しない」というスターリン政権下では殺人事件は事故として処理され、彼の行動を快く思わない元同僚の妨害にあう。

 アメリカ映画なのに、ソ連っぽい重苦しい雰囲気がよく出ている。派手なアクションやスピーディな展開には欠けるが、それでいて十分にスリリング。「マッドマックス 怒りのデスロード」のトム・ハーディと「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが地味ながら説得力のある演技をしている。あまりにもぴったり役柄にはまっているので、正直言って途中まで気づかなかったほど。そして、中盤から出てくるゲイリー・オールドマンが(ロシア人には見えないが)作品に安定感を与えている。

 舞台がスターリン政権下のソ連というところも面白い。資本主義社会と違って「楽園に殺人は存在しない」ために殺人事件も事故として処理され、真犯人は野放しのままで被害者遺族たちも救われない。エリート軍人だった主人公レオも、左遷されて逆境に置かれたことで真実を負う決意を固める。しかし、捜査は容易に進まず、彼に恨みを持つ元同僚の秘密警察官が執拗に彼を陥れようとまとわりつく。ミステリの醍醐味は、あらゆる困難を乗り越えて犯人にジワジワ迫っていくところにあるが、犯人を追う者も追われているというところが非常に面白い。

作品データ
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演:トム・ハーディ、ノオミ・ラパス、ゲイリー・オールドマン他
製作年:2014年 製作国:アメリカ


チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray]
ギャガ
2016-01-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チャイルド44 森に消えた子供たち [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック