早く次回作が見たい 特捜部Q

特捜部Q キジ殺し THE ABSENT ONE ☆ 【DVD】

画像


 デンマークでは記録的ヒット作となった「特捜部Q 檻の中の女」に続く、ユッシ・エーズラ・オールスンの人気シリーズの映画化第2弾。前作と同じくカール・マークをニコライ・リー・コス、アサドをファレス・ファレスが演じる。原作の主要メンバーの1人であるローセも今回から登場した。

 特捜部Qのカール(ニコライ・リー・コス)を訪ねてきた元警官が、カールにある事件の再捜査を訴え、その翌朝に自殺死体で発見される。責任を感じたカールは助手のアサド(ファレス・ファレス)とともに20年前に起こった若い兄妹の殺人事件を調べ始めるが、既に犯人は自首して解決済みの事件だった。しかし、兄妹の殺人事件以外にも周辺で暴行や強姦事件が起こっていたことが明らかになり、カールたちは事件の中心に有力者を輩出している名門寄宿舎学校の存在があることを知る。

 さすがに原作の情報量の多さや複雑さには及ばないが、原作を知らずに見ても楽しめるミステリ映画になっている。謎解きの部分が多い小説に比べて映画はある程度事件の全体像を見せて物語が進行する。下手な作り方をすれば興ざめなのだが、「ミレニアム」シリーズのスタッフが作っているだけあってそう簡単に先は読ませない。1作目で作り上げた「特捜部Q」の雰囲気を壊さずに、しかもストーリーが適度に換骨奪胎されているので原作を読んでいても新鮮みがある。

 1作目を紹介したときにも触れたが、原作の主要登場人物のイメージと映画のキャストのイメージは必ずしも重なっていない。今回登場した秘書のローセにしても原作ではもっとエキセントリックな性格であり、アサドにしても「移民」的なテイストがきつい。もっとも、カール、アサド、ローセの3人が原作通りにぶっ飛んでいたら、映画の中では収まりがつくまい。アブない部分はカール独りが背負っているというわけだ。

 監督のミケル・ノガールは、特典映像の中であと2作は映画化したいと語っている。大好きなユッシ・エーズラ・オールスンの原作とともに、映画化作品を楽しみに待つことができるというのはこのうえない幸せである。

作品データ
監督:ミケル・ノガール 出演:ニコライ・リー・コス、ファレス・ファレス他
製作年:2014年 製作国:デンマーク、ドイツ、スウェーデン


特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD]
アメイジングD.C.
2016-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特捜部Q ~キジ殺し~ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!


リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2016-09-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リップヴァンウィンクルの花嫁 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック