厳しさを増す現実を反映 ファンタスティック・フォー

ファンタスティック・フォー(2015) FANTASTIC FOUR ☆ 【BD】

画像


 2015年にリブートされた「ファンタスティック・フォー」をブルーレイ・コレクション3枚組で購入。「超能力ユニット誕生」と「銀河の危機」はDVDで所有しているが、新作のブルーレイ+DVDの2枚組を買うよりも安かったので迷わずBDの3枚組を買うことにした。

 友人ベン(ジェイミー・ベル)とともに物質転送装置を完成させたリード(マイルズ・テラー)は、ストーム博士にスカウトされて本格的に装置の製作に取り組む。ストーム博士の娘スーザン(ケイト・マーラ)や息子ジョニー(マイケル・B・ジョーダン)、天才科学者ビクター(トビー・ケベル)らとともに装置を完成させ、動物実験にも成功するが、装置は彼らの手を離れ、アメリカ軍に引き渡されることになってしまう。異次元惑星への第一歩を印すのは自分たちだと考えた彼らは、装置が軍に引き渡される前に密かに自分たちを異次元惑星へと送り込む。しかし、予期せぬ事故によりビクターは異次元惑星に取り残され、何とか戻ってきた4人も強烈なエネルギーを浴びたことで身体に異変が起きてしまう。

 2005年の「超能力ユニット誕生」や2007年の「銀河の危機」に比べると評価はいまひとつのようだったが、個人的には面白かった。ストーリーに複雑さはないものの、4人が超能力を手にする前後がしっかり描き込まれていて、得した気分。CGも凝っており、特に彼らが超能力を発揮するシーンの迫力は前シリーズをはるかに上回っていた。おそらく評価が低い原因はキャストにあるのだろう。今回主演したマイルズ・テラー(「セッション」)、マイケル・B・ジョーダン(「クロニクル」)、ケイト・マーラ(「オデッセイ」)らはこれからが期待される若手だが、まだまだ華がない。演技力は申し分ないものの、前シリーズでジェシカ・アルバ1人が担った華やかさには3人が束になってもかなわなかった。今回、「超能力ユニット誕生」も改めて見直したが、ジェシカ・アルバの存在の分だけ前シリーズが上回っていたという気がする(個人的にジェシカ・アルバのファンだからなのかもしれないが)。

 原作や2005年に映画化されたシリーズとは設定が異なり、4人が超能力を得るのは宇宙線を浴びたためではなく、異次元世界のエネルギーを浴びたせいということになっている。人物関係もリードとビクターは同級生ではないし、スーザンとジョニーも実の姉弟ではない。物語の前半からアメリカ軍が登場し、ストーリー的にもシリアスな展開。2005年版がアメコミの世界の「夢」を打ち出したのに対し、この2015年版では現実の厳しさを反映して遊びの部分が少ない。これは「ファンタスティック・フォー」だけに言えることではなく、「スーパーマン」や「バットマン」「スパイダーマン」などリブートされたシリーズに共通している。アメリカも長らく景気が低迷し、脳天気ではいられなかったのだ。大統領選の行方はわからないが、アメリカの景気が上向きになれば再び脳天気なアメコミ・ヒーロー映画が見られるようになるのだろうか。

作品データ
監督:ジョシュ・トランク 出演:マイルズ・テラー、ケイト・マーラ、マイケル・B・ジョーダン他
製作年:2015年 製作国:アメリカ

 
ファンタスティック・フォー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ファンタスティック・フォー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!



フィフス・ウェイブ(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フィフス・ウェイブ(初回生産限定) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック