寝そうになっちゃった 蜜のあわれ

蜜のあわれ ☆ 【BD】

画像


 室生犀星の小説「蜜のあはれ」(1959年)を原作とした二階堂ふみ主演のファンタジー映画。「逆噴射家族」や「五条霊戦記」の石井岳龍=石井聰亙がメガホンをとった。

 老作家(大杉漣)とともに暮らす少女・赤子(二階堂ふみ)の正体は真っ赤な金魚である。老作家を慕い、常に彼の周囲を漂うように過ごしていたが、そこにもう一人の女性・田村ゆり子の幽霊(真木よう子)が現れ、赤子と老作家の関係を問いただす。

 50歳を過ぎても「エロチシズム」という言葉に弱く、凝りもせず Amazon の「予約ショッピングカートに入れる」ボタンを押してしまう。しかし、この作品の場合、濃密なエロスではなく、そこはかとなく感じられるエロチシズムであって、その点ではやや期待外れだった。キャストから考えると、二階堂ふみが演じる金魚のキャラクターは愛くるしさを感じさせるこのままの設定でいいのだが、真木よう子の演じる田村ゆり子は、金魚とは対照的に色っぽさや艶っぽさを感じさせる幽霊であって欲しかった。年齢設定の割に田村ゆり子(幽霊)もかわいらしく、それはそれで真木よう子の新たな魅力を感じさせるものの、二階堂ふみの金魚と同じ範疇に入ってしまう。そこで生身の人間を演じた韓英恵が裸になってくれているのだが、これもまた中途半端な印象で、彼女の魅力が出ているとは言いがたい。

 二階堂ふみのプロモーションビデオとして見るぶんには悪くないが、大杉漣演じる老作家の哀れさやおかしさまで踏み込んでいるとはいいきれず、見ている最中も、見終わってからもモヤモヤしたものが残ってしまった。内容的には全く異なる作品だが、鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」(2005年)を見たときにも、作り手の意図を摑みきれずに似たような印象を受けた記憶がある(あくまでも原作を読んでいないので映画そのものの感想だが)。

作品データ
監督:石井岳龍 出演:二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子他
製作年:2015年 製作国:日本


蜜のあわれ【Blu-ray】 [ 二階堂ふみ ]
楽天ブックス
二階堂ふみ 大杉漣 真木よう子 石井岳龍 ※本商品はBluーrayDisc Videoになります。D


楽天市場 by 蜜のあわれ【Blu-ray】 [ 二階堂ふみ ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



次はこれ買う!


インデペンデンス・デイ:リサージェンス(3枚組)[4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2016-11-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インデペンデンス・デイ:リサージェンス(3枚組)[4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック